前へ
次へ

ペット葬は納骨や埋葬も大切です

ペット葬はサービスの内容によって、火葬がメインに行われたり、お葬式としてしっかり時間を掛けて火葬までを行う所まで色々と存在します。火葬の種類によっても納骨や埋葬の方法が変わってきますが、火葬をした後の遺骨は返骨されたり、納骨を行うケースがあります。ペット霊園等には納骨堂が用意されているケースがあるので、そこに納骨をする事ができますし、合同火葬で他の動物と一緒に火葬をした場合は、合同供養塔等へ埋葬する事になります。勿論返骨して貰い、自宅で保管する事もできるので、自宅で亡くなったペットと共に生活をした場合には、有意義な選択です。人間の火葬の後と同様に個別墓地に納骨して埋葬する事もできるので、墓参りをする時に便利です。更に飼い主の方等と一緒にお墓に埋葬できる所もあるので、場所によっては亡くなった後も常に一緒に居られる魅力があります。海が好きなペットであれば、海洋葬等も存在するので、ペット葬の後にどの様な形で遺骨に対応するのかも考えておく事が重要です。

Page Top