前へ
次へ

ペット霊園には種類がある(ペット葬)

ペット葬を行うペット霊園には、種類があります。個別霊園というのがあり、ペット個別に墓石や墓地が用意されていて、好きなときにお花をたてて供養したり線香を上げにいったりすることが可能です。もっとも理想的な供養方法と理解されているので多くの人が選択。しかしながら、理想的な状態を維持するための費用はどうしてかかってしまうので、金銭的な負担はあるといえるでしょう。共同霊園というのも、ペット葬を行う霊園にはあります。名前から分かる通り、他家のペットと一緒に埋葬するという供養方法です。大きなお墓や供養塔がたっていて、個別霊園と同じようにいつでも、花をたてたり線香を上げたりすることができます。費用の方は、個別霊園よりはかなり抑えられます。どちらがいいのか悩むかもしれませんが、正解はないといえます。判断基準としては、自分がどうしたいかを重視するのがいいでしょう。つまり、理想的な供養方法と費用の安さ、どちらを重くみるのかということです。自分だけで、考える必要はありません。ペットの失った悲しみで心が支配されていることもあります。必要に応じて人と話して決めるのがおすすめです。

Page Top